読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドナルドダックには親近感わくけど、ドナルドトランプにはわかない。

アメリカの次期大統領がトランプさんに事実上決定した、、、。

オバマさんの次にこの人なるかああって思うと落胆。
これってポリコレ(差別是正や人権擁護の活動含む)の後退だよなあ、、
この流れ日本にも来てるよなあ、、(>人<;)

今、ポリコレが多数決では負けてしまう世の中なんだな。でもそんな中だからこそ、マイノリティを支えるための多数派によらない政策、発言がより必要やと思うし、そういう流れにしないとな。

 

僕が子どもの頃は不完全ながらも人権尊重を目指し社会は向上していった。エスタブリッシュ(支配層)が、大人たちがそういう姿勢だった。差別発言なんてしてはいけないのが当たり前やったし。
そんな社会のアップデートに乗っかれる程に環境が整ってた僕は、際立った人権侵害や差別に心を切り裂かれる思いはほぼしなかった。

僕が高校生の頃、オバマさんがアメリカ大統領になった。黒人でも大統領になれた、核廃絶へ向かうかもしれない、と素直に感動した。
なのにその8年後には、、。

 

国の発言や姿勢が、社会そして人々に与える影響って大きい。だから気をつけなきゃなあ。社会がそして僕らが野蛮になっていきやしないか。知らぬ間に、差別や人権侵害を是認するような思想に感染してしまうかもしれない。どんどんダサくなってしまうかもしれない。
それはミクロ面においても大変な事態やな。人と接するときにおいて。

 

だから友達と時々話し合って、確認し合うことがより大切だな。ダサい発言してないか、人を傷つけていないか、過度な功利主義に毒されてないか、尊敬や生命を軽視してないか、優しさとは何か、などなど色々話し合って。

一般市民の僕にもできる闘い方。そう言えば諦めず闘うってマドンナも言ってたな(笑)